色選びのHOW TO
外壁塗装や屋根塗装の色は、一度塗ってしまうと、何度もやり直すというわけにはいきません。住宅の塗り替えはおおよそ10年に1度なのですから。外壁の塗り替えの時には、皆さんどんな色にしようか悩まれます。そこで、失敗しない色選びのために、色の特性やポイントを抑えておきたいと思います。
塗替えの際、まずは塗料のグレードを決めますが、その次に必ず頭を悩ますのがどんな色で塗るかということです。いろいろ考えた結果、カラーサンプルから選んだものの、どんな色で仕上がっているかは、実は足場を外すまでは分からない、といったことが現実だと思います。

せっかくの塗り替えリフォームなのに、思ったものとイメージが全然違う、などということになれば、高額な費用をかけたにもかかわらず、悔いが残る塗り替えリフォームになってしまいかねません。そこで、色に関するいくつかのポイントをご紹介しておきましょう。

まず最初に、塗り替える色について、施主様は塗料メーカーの色見本帳から選ぶことになります。しかし、この色見本帳、残念ながらそんなに大きいものではなく、僅か数センチ四方のものであることが多いのが現実です。

この数センチ四方の色見本と、現実に広い面積に塗ったものとは、実際の印象に大きな違いがあることがあります。
小さな面積より大きな面積の方が、明るく鮮やかに感じることを「面積効果」といいます。反対に、暗い色は面積が大きくなると、より暗く感じられます。つまり、ほとんどの場合、色見本で見たときよりも、外壁に塗装した出来上がりのほうが、色が明るく鮮やかに見える傾向があるということです。

※ 小さい面積=暗く見える(低明度に感じられる)
※ 大きな面積=明るく見える(明度と彩度が高く感じられる)



つまり、外壁塗装の際には、色見本よりも仕上がりのほうが明るく見えるということです。従ってポイントは、この面積効果を考えて、少し濃いめの色をえらぶということです。

実際では太陽の光や反射などの効果も加わり、色の印象に影響を与えます。また、光源によっても印象が変わってきますので、色見本で決める時も、外壁と同じ環境である昼間の屋外で確認することをおすすめします。
タウンペイント.jpのホームページには、たくさんの施工例を掲載しています。この中から参考となるものを探すのもひとつの手でしょう。
実はこれが一番いい方法かもしれません。なにより現物としてそこにあるわけですから。ですから、塗り替えが近いなと思った方は、休日とかにお散歩がてらご近所を歩いて、「あっ、このお宅のこの色がいい」と決めていただけるといいかもしれません。ご近所であれば、晴天の日、曇天の日、雨の日に塗装がどう見えるのかも確認できます。
雨戸やサッシ枠は、今はほとんどアルミニウム製ですから、色を塗ることはできません。また、ドアも同様に、ほとんどの場合塗ることができません。そういった、色を変えられない部分とのマッチングも考えてください。また、両隣の家のカラーというのも重要です。近隣住宅とあまりに違う色使いだと、浮いてしまいますし、調和を乱すことにもなりかねません。
気になる方は気になる風水。こんなページがありますので、ご参考までに。

関西ペイント 「風水」でみる開運アップの外壁色選び
洋風・和風などの家のつくりの違いや、最新の流行色などによる色の選択の仕方など、失敗しない色選びを長年の経験や最新塗装事情を元にしてアドバイスいたします。 じっくりと納得いく色選びをして、家の塗り替えリフォームを楽しんでください。