タウンペイントのページを初めてご覧になる方はまずこちらからどうぞ。


タウンペイントって
適正価格の理由
従来の塗装の見積もりというものは、足場、養生費用、下地処理費用、洗浄費用、下地調整費用、下塗費用、中塗・上塗費用(軒天、破風、雨樋、水切、ベランダカサギなど)、そして諸経費などと項目が非常に多岐にわたっていますから、作成するのも一苦労ですし、その各項目が高いのか安いのかをお客様が判断するのも大変な作業となってしまっていました。

タウンペイント.jpは、従来型のこの分かりにくい見積もりをやめ、建物の坪数だけで見積もりを出すことにしました。これにより見積もりに掛ける時間を大幅に短縮し、適正価格を維持・実現することにつなげています。
安い理由
多くの塗装業者の場合、訪問販売や飛び込み営業といったセールスマンにかかる経費や、チラシの作成とポスティング、タウン誌などへの広告出稿など、営業費や宣伝費が多くかかっています。特に、訪問販売の場合、セールスマンにインセンティブ(報奨金)が支払われることが多いようですから、必然的に営業費は高くなってしまいます。

タウンペイント.jpでは、これらの営業宣伝費をぐっと削って、インターネットでの広告費67%、チラシ・タウン誌などへの広告費33%でお客様を集めています。ですから、かかる費用はホームページの制作費と、インターネット、チラシ、タウン誌への広告費ぐらいなのです。余分な費用を掛けない、つまりそれだけ適正な価格でお客様に外壁屋根塗装を提供できるのです。
わかりやすい理由
本来、外壁塗装の見積もりというものは、外壁の実際の面積を計算し、そこに面格子が何箇所だとか霧除けが何箇所、戸袋や雨戸の数などを加味して値段をきめるという複雑なものです。当然、同じ坪数でも家の造りは一軒一軒異なりますから、本来ならば価格にも違いが出てきます。しかし、タウンペイント.jpでは、家の大きさに比例した価格(坪単価17,800円×坪数)+塗料代で計算して価格を決めさせていただいております。

この方法は、少しばかり乱暴かもしれませんが、タウンペイント.jpでは敢えてこの価格のつけ方をしています。坪単価×坪数とシンプルにすることによって、より適正な価格で外壁塗装が提供でき、料金体系もわかりやすくなるということのメリットの方が大きいと考えたからです。
信じられる理由
タウンペイント.jpのホームページには今までに手がけた施工事例が掲載されています。その施工事例には、使用した塗料と共に掛かった費用を明記しています。この施工例こそが正直に自分たちの仕事を見せることができる結果だと考えます。他人の家のことではなく、是非じっくりと施工事例をご覧ください。